【2021】関西近畿の梅雨入り梅雨明けの時期はいつ?平年より早い?

トレンドニュース
【2021】関西近畿の梅雨入り・梅雨明けの時期はいつ?平年より早い?について取り上げていきたいと思います。

2021年5月5日(水)11時、

気象台は沖縄地方・奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。

平年と比べて、沖縄では5日早く、奄美では7日早い梅雨入りとのことです。

ゴールデンウィーク期間中までに梅雨入りとなるのは2014年以来7年ぶりの早さです。

(追記)

関西・近畿についても、5月16日に梅雨入りが発表されました。

これは、統計上史上最も早いとされています。

この記事の内容

  • 【2021】関西近畿の梅雨入りの時期
  • 【2021】梅雨明けの時期
  • 【2021】梅雨入り梅雨明けは平年より早い?
スポンサーリンク

【2021】関西近畿の梅雨入りの時期

2021年の関西・近畿地方の梅雨入りの時期は5月30日~6月12日ごろと予想できますが、5月中に梅雨入りしたのは2013年以来ないようです。

2018年には6月5日ごろに梅雨入りしています。

2021年の梅雨入り予想は6月7日ごろ!

(追記)

2021年の関西・近畿の梅雨入りは5月16日に発表!

統計上史上最も早いということです。

【2021】梅雨明けの時期

2021年の関西・近畿地方の梅雨明けの時期は7月12日~7月26日ごろと予想できます。

関西・近畿は早めの梅雨入りになった場合、早く明ける可能性もあるようですが、反対に長くなる可能性も考えられるようです。

2021年の梅雨明け予想は7月19日ごろ!

とされているものの、先日梅雨入りが発表され平年より21日早くなったことから、梅雨明けの情報は不明となっています。

気象庁の予想も未だ発表されていないのが現状です。

21日早く梅雨明けになるとすれば、6月下旬ごろ

ただし、長くなれば平年の7月19日ごろになる可能性もあるのではないかと思います。

気象庁からの情報が入り次第、こちらの記事でも更新していきます。

【2021】梅雨入り梅雨明けは平年より早い?

関西・近畿の梅雨入りは、平年6月6日ごろとなっていいます。

一方、昨年2020年の梅雨入りは6月10日ごろと数日遅い梅雨入りとなりました。

2021年は、沖縄が早くも梅雨入りしたことを考えると、関西も若干早めの梅雨入り予想。

ジメジメした日が早く終わって欲しいものですが、梅雨の期間は平均して40日間〜50日間は続くとされています。

早く梅雨に入った分、早く終わって欲しいですが、これだけは私たちが操作できるものではないですので、耐えるしかできませんね。

今後の気象台の発表に注目です!

まとめ

【2021】関西近畿の梅雨入り・梅雨明けの時期はいつ?平年より早い?について取り上げてきました。

まとめた内容は以下です。

  • 【2021】関西近畿の梅雨入りは6月7日ごろ
  • 【2021】梅雨明けの時期は7月20日ごろ
  • 【2021】梅雨入り梅雨明けは平年より早くなる可能性

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました