ブルーインパルス開会式の飛行ルートや時間は? 予行飛行はいつ?

オリンピック・パラリンピック

ブルーインパルス開会式の飛行ルートや時間は? 予行飛行はいつ?について画像などを交えながらわかりやすく取り上げていきたいと思います!

東京オリンピック・パラリンピックの開会式(2021年7月23日)とパラリンピック開会式(8月24日)に、ブルーインパルスが都内上空を飛行します!

着々と準備が進められているようですね!

航空自衛隊がブルーインパルスの飛行ルート(経路)とスケジュール(日程)を発表しました。

そこで今回は、東京オリンピック・パラリンピック開会式で実施されるブルーインパルスのの飛行ルートやスケジュール、予行飛行についても取り上げます。

この記事で分かる内容は以下のようになっています。

  • ブルーインパルス開会式の飛行ルートや場所について
  • ブルーインパルス開会式の飛行は何時ごろかについて
  • ブルーインパルス開会式前の予行飛行について
スポンサーリンク

ブルーインパルス開会式の飛行ルート(経路)や場所は?

上記がブルーインパルスの飛行ルートになります。

まず、航空自衛隊入間基地から出て都庁方面へ向かいます。

その後東京タワー上空からスカイツリー上空へ。

大きく旋回してオリンピックスタジアムへ。

ほぼ同じコースを8の字を描くように旋回する予定となっています。

ブルーインパルス開会式の飛行はいつ?何時ごろ?

ブルーインパルスの飛行は、東京オリンピック・パラリンピックそれぞれの開会式日に実施される予定になっています。

令和3年7月23日(金・祝):東京オリンピック

令和3年8月24日(火):東京パラリンピック

新国立競技場(オリンピックスタジアム)上空では、カラースモーク5色(青・黄・黒・緑・赤)を使ってのオリンピックの輪を描くことになっているそうなので、その周辺が撮影ポイントになりそうですね。

飛行時間は7月23日(金)午前中に発表されるとのことで。

もうしばらく待ちまましょう。

ブルーインパルス開会式前に予行飛行はいつ?

予行飛行は7月20日〜22日で時間は非公開

ブルーインパルスの東京オリンピック開会式へ向けての予行飛行は7月20日〜22日に実施されることになっています。

時間については、混雑を回避するため非公開となっています。

ただ、夜間に実施することはないはずなので日中の比較的視界が良好な時間帯を選んで実施される可能性がたかいと考えられます。

また、天気を見てある程度の予想をすることができると考えます。

7月20日〜22日の間の天気は22日が曇りの予報となっています。

この3日間は気温が上昇し、雲も発達すると予想できることから、20日・21日の早い段階で予行飛行が実施される可能性は高いと思います。

また新たな情報が入りましたら更新していきたいと思います。

まとめ

ブルーインパルス開会式の飛行ルートや時間は? 予行飛行はいつ?について取り上げていきました。

内容をまとめていきます。

  • ブルーインパルス開会式の飛行ルートや場所について
  • ブルーインパルス開会式の飛行は何時ごろかについて
  • ブルーインパルス開会式前の予行飛行について

コメント

タイトルとURLをコピーしました