福澤達哉が東京五輪代表落ちはなぜ?理由や落胆するファンが続出?

オリンピック・パラリンピック

福澤達哉が東京五輪代表落ちはなぜ?理由や落胆するファンが続出?について画像などを交えながら取り上げていきたいと思います!

2021年に開催される東京五輪のバレーボール日本代表メンバーが発表されました。

これまで日本のバレーボール界を牽引してきた福澤達哉選手や柳田将洋選手が代表メンバーから落選したことで残念な思いのファンの間で話題になっています。

>>柳田将洋はなぜ五輪代表落ち?理由を調査して見えてきた真相は?

そこで今回は福澤達哉選手が五輪メンバーから落選したのはなぜなのか、その理由やファンの声について取り上げていきたいと思います。

この記事で分かる内容は以下のようになっています。

  • 福澤達哉がなぜ東京五輪代表落ち?
  • 福澤達哉がなぜ東京五輪代表落ちの理由は?
  • 福澤達哉落選で落胆するファンが続出?
スポンサーリンク

福澤達哉がなぜ東京五輪代表落ち?

東京五輪日本代表メンバーが正式に発表されました。

これまで日本バレー界を引っ張ってきた福澤達哉選手が代表から外れ、同年代の清水邦弘選手が選出されました。

比較的若いメンバーが選出され、どこまで戦っていけるのかが注目です。

福澤達哉が東京五輪代表落ちなのはなぜ?理由は?

福澤達哉選手が東京五輪代表から落選した理由は何だったのでしょうか。

福澤達哉が落選した理由は五輪メンバー12名だから

まず考えられるのは、五輪のメンバーが12名となっていることです。

通常、国内大会や世界大会などでもベンチ入りメンバーは14名とされていることが多いです。

しかし、五輪の場合(国内大会でも国民体育大会は12名)は14名から12名へ人数を縮小しなければいけません。

そうなると、セッター2名、リベロ1名、ミドルブロッカー3名、オポジット2名、残るアウトサイドヒッターを4名にしなければなりません。

この状況を踏まえると必然的にネイションズリーグで戦っているメンバーから大幅にメンバーを削らなければいけません。

アウトサイドヒッターには、高橋藍選手や石川祐希選手など攻守のバランスに優れた選手が揃っています。

福澤達哉選手よりも優れた選手は正直揃っているとも考えられます。

もし、五輪が14名登録だった場合は選出されていた可能性もあるということですね。

今回は12名だからこその厳選されたメンバーだということが考えられます。

ベテラン枠に清水邦弘が選出

今回選ばれたメンバーの中で唯一オリンピックを経験しているのが清水邦弘選手です。

北京オリンピックの際、清水邦弘選手と福澤達哉選手が若手として選出され、オリンピック出場を果たしました。

今回、ほとんどがオリンピックを知らないメンバーとなっていて、やはり日本代表チームとしてはオリンピック経験者を入れておきたいところではあると思います。

そうした事情を考慮し、また先ほど挙げたポジション・12名という選出枠も考えた上で清水邦弘選手を残したと考えることもできます。

もちろん起用の方法によっては福澤達哉選手の選出の可能性もあったと推測できます。

しかし、今後の日本のレベルアップを図る上で若手選手の起用は必要不可欠ではないでしょうか。

他にもさまざまな事情や理由があると思いますが、現段階で推測できる理由はこれぐらいではないかと思います。

福澤達哉が五輪代表落ちで落胆するファンが続出?

福澤達哉選手と清水邦弘選手は高校時代から同年代として共に戦ってきた仲間です。

この2人が常にセットで考えられてきた部分は大いにあります。

そのような中で清水邦弘選手が選出されたことにファンの間では話題になっています。

まとめ

福澤達哉が東京五輪代表落ちはなぜ?理由や落胆するファンが続出?について取り上げていきました。

内容をまとめてみます。

  • 福澤達哉がなぜ東京五輪代表落ち
  • 福澤達哉がなぜ東京五輪代表落ちの理由
  • 福澤達哉落選で落胆するファンが続出

コメント

タイトルとURLをコピーしました