【高校野球】マウスピースのメーカーは?なぜ使用で目的や効果は?

スポーツ

【高校野球】マウスピースのメーカーは?なぜ使用で目的や効果は?について画像などを交えながらわかりやすく取り上げていきたいと思います!

高校野球で使用されているマウスピースについて気になった人は多いはず!

そこで今回は、高校野球で使用されているマウスピースのメーカーや目的・効果について調査していきます!

この記事で分かる内容は以下のようになっています。

  • 高校野球で使用されるマウスピースのメーカーについて
  • マウスピースの使用目的や効果について
  • SNSでの反応について
スポンサーリンク

高校野球で使用されるマウスピースのメーカーは?

プロガム(略称)と言われるメーカーです。

プロガムのマウスピースは、多くのスポーツ選手が愛用し、なかでもプロ野球選手のシェアが最も多くなっています。

フルオーダーで自分専用に設計され、細やかな部分まで調整されたマウスピースは、アスリートから絶大の信頼を得ています。

阪神タイガースの藤浪晋太郎選手も愛用されていたようですね。

プロガム愛用のアスリート選手は?

プロガムを愛用しているアスリート選手をみてみましょう。

<プロ野球選手>

  • 今宮 健太選手
  • 岩嵜 翔選手
  • 甲斐 拓也選手
  • 東浜 巨選手
  • 九鬼 隆平選手
  • 釜本 豪選手
  • 川原 弘之選手
  • 川原 晃選手
  • 古谷 優人選手
  • 髙橋 純平選手
  • 大竹 耕太郎選手
  • 田浦 文丸選手
  • 吉住 晴斗選手
  • 外崎 修汰選手
  • 成田 翔選手
  • 森 遼太朗選手
  • 香月 一也選手
  • 小笠原 慎之介選手
  • 柳 裕也選手

<バドミントン選手>

  • 佐々木 翔選手
  • 武下 利一選手

プロガムの値段は?

価格:16,500円(税込)
 
(出典:PROTECT GUM
フルオーダーで自分専用の設計になっているので、パフォーマンスへの影響は大きいでしょう。

また、市販のもので数千円程度のものも存在しています。

しかし、プロガムのものとは厚みが異なり、装着時の違和感が全く違うとの声があるほどです!

マウスピースの目的や効果は?

使用目的は主に

  • 歯牙破折・口内裂傷・脳震盪などスポーツの現場でおこる怪我を最大限予防・緩和
  • 顎のバランスを合わせる

があります。

一つ目の怪我を予防というのは理解できるかもしれませんが、意外と重要視されていないけれど一番大切なのは2つ目のバランスを合わせるということです。

一般的に、歯を食いしばる・噛み締めることによって力が入る。

そう思われてきました。

しかし最近の研究では歯を噛み締めてしまうことによって関節がロックされ固まってしまい、更に筋肉まで緊張。

動きに力ってしまうことで関節の可動域を狭め、パフォーマンスのが低下してしまうことが分かっています。

正しい顎のバランスが実現すると、柔軟性が上がり、関節の可動域が広がることで更に体の軸が安定し体幹が整います。
また、力みがとれ本来持っているパフォーマンスを発揮することができるんですね!

高校野球でマウスピース使用の際のルール

マウスピースは2010年(平成22年)に高校野球連盟で公式にルールとして認めています。

マウスピースについての規定内容としては、

16.マウスガード(マウスピース)
白または透明なものに限り使用を認める。

とされています。

だから真っ白なマウスピースをよく見かけるようになったんですね。

SNSの反応

マウスピースを使用している高校球児へのSNSの反応を見てみましょう!

まとめ

【高校野球】マウスピースのメーカーは?なぜ使用で目的や効果は?について取り上げていきました。

内容をまとめていきます。

  • 高校野球で使用されるマウスピースのメーカーは「PROTCT GUM (プロガム)」
  • マウスピースの使用目的や効果は、「歯牙破折・口内裂傷・脳震盪などスポーツの現場でおこる怪我を最大限予防・緩和」「顎のバランスを合わせる」
  • SNSでの反応について
スポーツ
スポンサーリンク
Health & Peace

コメント

タイトルとURLをコピーしました