【Twitter投げ銭機能】TipJarの設定方法は?注意点などは?

ニュース

Twitter社が5月7日、Twitterアプリ(iOS/Android)で、チップをやり取りできる新機能「Tip Jar」を実装した。(Yahoo!ニュース)

とあります。

【投げ銭】Twitterの設定方法は?誰でもできて注意点などは?について解説していきたいと思います!
この記事の内容は以下のようになっています。
  • 投げ銭Twitterの設定方法は?
  • 注意点などは?
  • SNSでの反応は?
スポンサーリンク

投げ銭Twitterの設定方法は?

現状チップを受け取ることができるのは、クリエイター、ジャーナリスト、専門家、非営利団体などに限定。(Yahoo!ニュース)

とあります。

今のところ、一般ユーザーの設定はできないようになっています。

一般ユーザーについては、設定できる項目がありませんね。

さらには、英語圏内のユーザーでテストを実施しているということなので、日本在住のユーザーは現在この機能を使うことができないんですね。

Twitter Japanもこのように発表しています。

チップ制機能「Tip Jar」のご紹介

本日、「Tip Jar」の機能をご紹介します。Tip Jarは、英語圏の人々がチップを渡したり受け取ったりするための新しい方法です。自分のツイートが話題になったときにPayPalアカウントへのリンクを共有したり、プロジェクトに対する支援が必要なときにプロフィールに例えば$Cashtagを追加したり、自分の誕生日やちょっとしたサポート、お祝いが必要なときにVenmoのハンドルネームを併記したりできるようになりました。私たちは、Twitterでの会話を通して、フォロー、リツイート、いいね以外の方法で、皆さんがお互いにサポートし合える仕組みを提供したいと考えています。

アカウントのプロフィールページで、フォローボタンの横にTip Jarのアイコンが表示されていれば、そのアカウントのTip Jarが有効になっています。アイコンをタップすると、そのアカウントが利用している決済サービスのリストが表示されます。お好みの決済サービスやプラットフォームを選択すると、選択したアプリに移動し、支援したい金額を入力することができます。この機能はTwitterを通してではなく、Bandcamp、Cash App、Patreon、PayPal、Venmoといったサービスを通して直接決済されます。Androidでは、スペース内でチップを送ることもできます。(Twitter Japan)

フォローボタンの横にアイコンマークがついていなければ、機能を利用することができないということです。

日本でも使えるようになると、利用する人は急増しそうですね。

アイコンマークはこんな感じです。

注意点などは?

注意点は、自分の住所が相手に知られてしまうこと!

送る人の住所が送られる人に知られてしまうんだそうです。

日本語に対応している決済システムは「PayPal」

PayPal上で設定している住所が相手側へ伝わってしまいます。

知られたくないという人が利用するのは、かなり注意が必要ですね。

SNSでの反応は?


便利でいろいろとできるようになる反面、様々な問題も懸念されています。

セキュリティーやプライバシーの観点で強化していく必要があるかもしれませんね。

まとめ

【投げ銭】Twitterの設定方法は?誰でもできて注意点などは?について取り上げていきました。

この記事の内容をまとめます。

  • 投げ銭Twitterの設定方法は日本ではほとんどのユーザーが対応していない
  • 注意点などは住所の漏洩などのセキュリティー面
  • SNSではさまざまな問題点が指摘されている
ニュース
スポンサーリンク
Health & Peace

コメント

タイトルとURLをコピーしました