大岩義明の収入はいくら?所属やスポンサーからのサポートは?

オリンピック

大岩義明の収入はいくら?所属やスポンサーからのサポートは?について画像などを交えながらわかりやすく取り上げていきたいと思います!

馬術の騎手で東京五輪にも出場の大岩義明選手。

今回はそんな大岩義明選手の収入について取り上げます。

この記事で分かる内容は以下のようになっています。

  • 大岩義明の収入について
  • 大岩義明の所属やスポンサーからのサポート体制について
スポンサーリンク

大岩義明の収入はいくら?

大岩義明選手の収入がいくらあるのかは公表されていません。

しかし、馬術では最も輸送費が掛かるとされていて、国内での輸送費に数十万円〜かかるとされ、海外への輸送費はなんと数百万円掛かるとも言われています。

特に大岩義明選手は海外を拠点として活動されているので、日本の大会に出場するとなるとさらに輸送費はかさむはずです。

年間の輸送費だけで1000万円以上は掛かっていると予想できます。

このように考えると、1000万円以上の収入が無ければ収支のバランスを保てません。

結果、数千万円以上の収入はあるのではないでしょうか。

>>大岩義明の出身高校や大学などの学歴は?経歴がすごいと話題!

大岩義明の所属やスポンサーからのサポート体制は?

大岩義明選手のスポンサーを調べてみましたが、詳しいことはわかりませんでした。

おそらくスポンサーはついていない可能性が高いです。

しかし、所属する「株式会社nittoh」からのサポートはあることを明かしています。

ヨーロッパではメジャースポーツである馬術ですが、日本の場合はマイナースポーツなので、スポンサー獲得の難しさがあると本人も言っています。

ヨーロッパでは馬術はメジャースポーツで、観客がとても多く、競技への理解やサポートの体制も充実しています。だからヨーロッパの選手の場合、タイトルを取ることがスポンサーや収入につながり、どんどん競技に臨みやすい環境が整っていきます。
一方、日本で注目されるのはオリンピック、世界選手権、アジア大会くらいです。バドミントンの後、ヨーロッパの選手から「お前くらいの実力があればスポンサーが付くのに、なぜもっと自分をアピールしないんだ」と言われましたが、世界最高峰と言われるバドミントンですら、日本馬術連盟からも正式な派遣員が送られてきていない。スポンサー獲得の前に、そのくらいの認知度なんです。(Japan Eventingより)

現在は「株式会社nittoh」からのサポートがあり、輸送費などは頼っていると思われます。

ただ、海外の馬術の大会で賞金総額が引き上げられている動きがあります。

CHIOアーヘン 世界馬術フェスティバル(開催地:ドイツ/アーヘン)の賞金総額が350万ユーロ(約4億2,100万円)に増額されました。

こういった大きな大会で優勝すれば、かなりの収入になるはずです。

しかし特に日本の場合は今後馬術の普及に課題があるのは事実ですね。

まとめ

大岩義明の収入はいくら?所属やスポンサーからのサポートは?について取り上げていきました。

内容をまとめていきます。

  • 大岩義明の収入について詳細は不明
  • 大岩義明の所属は「株式会社nittoh」で、サポートされている

コメント

タイトルとURLをコピーしました