鈴木孝幸の肩や背中のアザは何?治療の跡で障がいとは関係ない?

オリンピック・パラリンピック

鈴木孝幸の肩や背中のアザは何?治療の跡で障がいとは関係ない?について画像などを交えながらわかりやすく取り上げていきたいと思います!

東京パラリンピック競泳に出場の鈴木孝幸選手

そんな鈴木孝幸選手の肩や背中のアザに目がいって気になっている人は多いのではないでしょうか?

そんな鈴木孝幸選手の肩や背中のアザについて調査してみます!

この記事で分かる内容は以下のようになっています。

  • 鈴木孝幸の肩や背中のアザについて
  • 鈴木孝幸の背中アザは治療の可能性
スポンサーリンク

鈴木孝幸の肩や背中のアザは何?

鈴木孝幸の背中のアザは治療の跡?

鈴木孝幸選手の肩や背中のアザはカッピングといって、治療をした跡です。

このようなうっ血した色の丸い形のものがいくつもの出ていたと思います。

スポーツ選手に多く跡が残っていることが多く、見た目も痛々しく思ってしまいますよね。

しかし、実際にはそれほど痛みはありません。

一般の整体院などで、やってもらう場合もありますね。

カッピングをするとどうなるのか…。

カッピングは皮膚にぴったり密着させたガラス玉の陰圧によって、筋肉をほぐしてくれます。

そのため血液の浄化血行促進デトックス筋肉痛の改善などに効果があるとされています。

しかし、危険な行為と指摘する専門家もいるなど解明できていない部分があるのは事実のようです。

家庭用で、自宅で簡単にできるセットも販売されているようですね。

まとめ

鈴木孝幸の肩や背中アザは何?治療の跡で障がいとは関係ない?について取り上げていきました。

内容をまとめていきます。

  • 鈴木孝幸の肩や背中のアザは治療の跡
  • カッピングという治療後に同様の跡が残る

コメント

タイトルとURLをコピーしました