柳田将洋が国際親善試合にいないのはなぜ?東京五輪でのルール変更が理由?

スポーツ

先日5月2日に行われた国際親善試合(東京五輪強化試合)で、柳田将洋選手がいない?と気になった人は多いのではないでしょうか。

柳田将洋が国際親善試合にいないのはなぜ?東京五輪でのルール変更が理由?について解説していきたいと思います。
この記事の内容
  • 柳田将洋が国際親善試合にいないなぜ?その理由
  • 東京五輪でのルール変更が理由?

ネーションズリーグ・東京五輪代表メンバーから外れてしまった理由についてはこちらにまとめてみました。

>>柳田将洋はなぜ五輪代表落ち?理由を調査して見えてきた真相は?

スポンサーリンク

柳田将洋が国際親善試合にいないのはなぜ?

今回の国際親善試合では、公式大会ではなく、東京五輪にむけて大会運営や選手についての準備のための試合と考えられています。

代表を選出するにあたり、確定メンバーではないことも十分考えられます。

また、詳しいファンは、このように述べています。

東京五輪でのルール変更が理由?

現行のルールでは、ベンチ入りメンバーはリベロ選手2名を含めて14名とされています。

しかし、東京五輪においてはベンチ入りのメンバーが減らされるいことが分かっています。

本大会は東京2020オリンピックと同様に1試合でベンチ入りできる選手が12人となっています。5月1日(土)、2日(日)の各試合には、最終登録選手の中から12人が出場します。(日本バレーボール協会Twitterより)

このうように、12名に減るということもあり東京五輪に向けて、“いろいろと試す試合”という意味付けなのではないかと予想されます。

このように考えれば、柳田将洋選手の東京五輪メンバーは確定しているということですね。

まとめ

柳田将洋が国際親善試合にいないのはなぜ?東京五輪でのルール変更が理由?について取り上げてきました。

  • 柳田将洋が国際親善試合にいないのは東京五輪に向けての試用
  • ルール変更にむけての準備期間
スポーツ
スポンサーリンク
Health & Peace

コメント

タイトルとURLをコピーしました