吉原知子が日本代表監督就任?JT2連覇へ導いた指導者で他の候補は誰?

スポーツ

吉原知子が日本代表監督就任?JT2連覇へ導いた指導者で他の候補は誰?について画像などを交えながらわかりやすく取り上げていきたいと思います!

この記事で分かる内容は以下のようになっています。

  • 吉原知子が日本代表監督就任?
  • 吉原知子はJT2連覇へ導いた指導者
  • 他の候補は誰?
スポンサーリンク

吉原知子が日本代表監督就任?

東京五輪では、全日本女子バレー「火の鳥NIPPON」は決勝トーナメントに進めず予選敗退となった現状において、中田久美監督が退任されるとの報道がありました。

後任には元日本代表で2004年アテネ五輪では主将も務めた経験のある、吉原知子さんが候補に上がるなどの情報が有力視されているようです。

吉原知子さんについてみていくことにしましょう。

JTマーヴェラスを2連覇へ導いた名監督

現役を引退した9年後、2015年にJTマーヴェラスの監督に就任しました。

2016年には、Vチャレンジリーグ(サッカーでいうJ1リーグ)へ降格していたJTマーヴェラスを優勝へ導き、プレミアリーグへ昇格させることに成功しています。

さらに、躍進劇はこれだけではありません。

2015年黒鷲旗大会では、チャレンジリーグ所属ながら優勝を飾っています。

これは、チャレンジリーグ所属チームでの優勝は史上初の快挙でした。

さらに…まだまだ続きます。

2018年(17/18)Vプレミアリーグでは決勝まで駆け上り、2位でシーズンを終了。

2018年黒鷲旗では再び優勝に導いています。

そして就任から5年後の2020年(19/20)VリーグDivision1で見事優勝されました。

その年の天皇杯・皇后杯も優勝。

2021年(20/21)VリーグDivision1では再び優勝し、連覇を飾りました。

これだけ結果を出しているとなると、次期監督就任も納得できる点が多いのではないでしょうか。

ここで、気になる吉原知子さんのプロフィールについても見てみましょう。

吉原知子の経歴やプロフィール

名前:吉原知子(よしはら ともこ)
生年月日:1970年02月04日

出身:北海道雨竜郡妹背牛町
血液型:A型
出身高校:北海道立妹背牛商業高校
最終学歴:筑波大学大学院
1988年4月:日立ベルフィーユ 入部
1992年:バルセロナオリンピック 出場
1995年1月:イタリアセリエAアンコーナ 入団
1995年2月:イタリアセリエAローマ 移籍
1995年6月:ダイエーオレンジアタッカーズ 入部
1996年:アトランタオリンピック 出場
1999年6月:東洋紡オーキス 入部
2002年8月:パイオニアレッドウイングス 入部
2004年:アテネオリンピック 主将として出場
2006年5月:現役引退
2015年:JTマーヴェラス監督へ就任
選手時代の戦績や成績はこちらです。
オリンピック出場:3回
世界選手権出場:2回
ワールドカップ出場:3回
日本リーグ優勝:5回
日本リーグベスト6選出:3回
Vリーグ優勝:4回
VリーグMVP:5回
Vリーグベスト6:4回
Vリーグスパイク賞・敢闘賞

全日本代表監督の他の候補は誰?

吉原知子さん以外に候補に上がっているのは

  • 外国人監督を引っ張ってくる
  • 相原昇(現日本代表コーチ)

などが挙げられているそうです。

現男子代表コーチにブラン・フィリップさんがいるように、女子にも外国人の力が必要なのではといった声も上がっているようですね。

次のパリ五輪まであと3年。

時間がない中で後任決定が急がれます。

まとめ

吉原知子が日本代表監督就任?JT2連覇へ導いた指導者で他の候補は誰?について取り上げていきました。

内容をまとめていきます。

  • 吉原知子が日本代表監督候補へ最有力
  • 吉原知子はJT2連覇へ導いた指導者
  • 他の候補は外国人監督
スポーツ
スポンサーリンク
Health & Peace

コメント

タイトルとURLをコピーしました