吉川晃司が原作超えで強いしかっこいい?布袋寅泰とコンプレックスって?

芸能
吉川晃司が原作超えで強いしかっこいい?布袋寅泰とコンプレックスって?について画像付きで詳しくみていきましょう!
この記事の内容は
  • 吉川晃司がるろうに剣心で原作超えで強くてかっこいい?
  • SNSでのファンや視聴者の反応は?
  • 布袋寅泰とのコンプレックスってなに?
スポンサーリンク

吉川晃司が原作超えで強いしかっこいい?

2021年4月30日に放送された映画『るろうに剣心』に出演し、番組途中からTwitterでトレンド入りしていました。

原作の鵜堂刃衛を知る人は、“原作により近くて良い”という意見や、“もはや原作を超えている”といったファンもいるほど!

素晴らしい演技力で、観る人を魅了してくれました。

吉川晃司も昔はダサい時代があった?

今の渋さになるまでに、相当の苦労や努力があったんだろうと思います。

確かに、ダサいと言われればそう見えるかもしれません。

しかし、この頃から渋くかっこいい階段を一歩ずつ登ってこられたんでしょうね。

その生き様が何と言ってもすごいです!

吉川晃司ファンや視聴者の反応は?

るろうに剣心では、特殊メイクや暗い場所でのシーンもあり、素顔が分かりにくい部分もありますが、他の作品などで吉川晃司さんをよく知っている人は、そのかっこよさに痺れているようでした。笑

かっこいいというツイートがあとをたちませんでした。

誰が見てもかっこいいってなりますよね。

こんな大人になりたいと思ってしまいます!

布袋寅泰とのコンプレックスとは?

デビュー当時から映画にも出演していた吉川晃司さんですが、若い世代の人には意外と知られていない経歴があったんです。

1984年、シングル「モニカ」で歌手デビュー。「LA VIE EN ROSE」、「KISSに撃たれて眠りたい」、「VENUS 〜迷い子の未来〜」や布袋寅泰とのユニット、COMPLEXでの「BE MY BABY」などのヒット曲で知られる。(Wikipediaより)

歌手デビューをされていたんです。

昔からのファンの人からすれば、当たり前に知っていることなんですけどね。

知らない人は、歌えるんだと意外に思ったはずです。

これがその「コンプレックス」

歌う姿もなんとも渋くてかっこいいですね!

まとめ

今回は、吉川晃司が原作超えで強いしかっこいい?布袋寅泰とコンプレックスって?について取り上げていきました。

  • 吉川晃司がるろうに剣心で原作超えで強くてかっこいい
  • SNSでのファンや視聴者の反応は「かっこいい」と話題
  • かつて布袋寅泰との「コンプレックス」というユニットを組んでいた

吉川晃司さんの今後の活躍にも注目です!

芸能
スポンサーリンク
Health & Peace

コメント

タイトルとURLをコピーしました