黒島結菜は運動神経抜群な理由は?部活動はバドミントン?バスケ?

芸能

黒島結菜は運動神経抜群な理由は?部活動はバドミントン?バスケ?について画像や動画を交えながら分かりやすく取り上げていきたいと思います!

現在、大手銀行や清涼飲料水のCMなどで話題となっている女優、黒島結菜さん。

こんがり焼けた素肌が魅力的でとてもかわいいですよね!

ドラマではストーリーの鍵となる大事な役どころを演じ、2022年前期の朝ドラ「ちむどんどん」のヒロインに!

今後の活躍に大きな期待が持たれています。

黒島結菜さんが出演した大河ドラマ「いだてん~東京オリンピック噺」では主人公の教え子役として登場した際、槍を投げたり、素足で運動場を走ったり、テニスをしたりと運動するシーンが多く、とても運動神経が良い役でした。

どんな役でも演じて見せる黒島結菜さんの運動神経の良さについて調べていきます!

スポンサーリンク

黒島結菜が運動神経が良い理由は?

黒島結菜さんは幼い頃から運動をやっていたそうです。

小学校や中学校で何をされいたのか、詳しくみていきましょう。

小学校はバスケットボールで運動神経を磨いた?

黒島結菜さんは小学校時代にはバスケットボールをされていました。

小学生が取り組むバスケットボールはミニバスろ言われることが多く、通常よりも小さなスケールでおこなわれるのがミニバスケットボールです。

バスケットボールでは、走る・跳ぶが基本的な動作なので小学校から取り組んできたことで運動神経に磨きをかけてきたんですね。

小学校の頃にやっていたスポーツの経験は体に定着しやすいとも言われているため、バスケットボールで身につけた動きが今でも定着しているのではないでしょうか。

中学校はバドミントン部で運動神経を磨いた?

中学校時代の黒島結菜さんはバドミントン部に所属していました。

バドミントンは前後の動きが激しく、足への負担が大きいスポーツです。

とくに中学生の部活動でバドミントンをするとなると、遊びとは違ってかなりハードな練習をこなしていかなければいけません。

運動神経が良いだけではバドミントンのような種目はうまくできません。

ネットとの距離感やコート感覚などの様々な能力が鍛えられます。

だからこそ、ドラマで走るシーンやテニスをするシーンではフォームがとても綺麗なのは、運動神経の良さは学生時代に培ってきたものだったんですね!

黒島結菜のプロフィール

まずは、黒島結菜さんのプロフィールを簡単にご紹介します!

  • 生 年 月 日:1997年3月15日生まれ
  • 出    身   地:沖縄県糸満市
  • 血    液   型:A型
  • 所   属:ソニー・ミュージックアーティスツ
  • 憧れの女優:満島ひかり
  • 代    表   作:時をかける少女(2016年)、アシガール(2017年)など

~略歴~

母のすすめでウィルコム沖縄のイメージガールコンテストに応募すると沖縄美少女図鑑賞を受賞し芸能界へ

2013年「ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜」で女優デビュー。

2018年日本大学芸術学部写真学科を中退し女優業に専念。

黒島結菜の運動神経にSNSでの反応は?

視聴者やファンからも運動神経について認められているんですね。

黒島結菜の運動神経は、「ちょっと良い」というレベルではないようですね。

抜群に運動神経がよくて、どんなスポーツでもこなしてしまう高い感性の持ち主です。

ますます運動するシーンなどが多くなっていくはずです。

今後の活躍も見続けていきたいですね。

まとめ

黒島結菜は運動神経抜群な理由は?部活動はバドミントン?バスケ?ついてご紹介しました!

内容をまとめてみます。

  • 黒島結菜の運動神経の良さは学生時代のバスケットボールやバドミントン部活が影響している
  • 視聴者やファンからも運動神経の良さを認められている

今後の黒島結菜さんのさらなる活躍に期待したいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

芸能
スポンサーリンク
Health & Peace

コメント

タイトルとURLをコピーしました