教祖のムスメカルト教団ナユタの民とは?凶悪事件は集団毒殺?

教祖のムスメカルト教団ナユタの民の詳細!凶悪事件は集団毒殺?教祖のムスメ

教祖のムスメカルト教団ナユタの民とは?凶悪事件は集団毒殺?について画像などを交えながらわかりやすく取り上げていきたいと思います!

教祖のムスメで登場するカルト教団ナユタの民について気になっている方は多いのではないでしょうか?

突如転校してきた桐谷沙羅がさまざまな波乱を起こしていくストーリーですが、その桐谷沙羅とナユタの民の関係も明らかになってきました。
>>教祖のムスメ桐谷沙羅の正体は成宮零?何者で目的は一体何?

そこで今回は、『教祖のムスメ』に登場するカルト教団「ナユタの民」について、ドラマ内で分かっていることをまとめてみました!

▼この記事はこんな方におすすめ▼

  • 『教祖のムスメ』カルト教団ナユタの民について知りたい!
  • ナユタの民が起こした事件が何なのか気になる!
スポンサーリンク

教祖のムスメカルト教団ナユタの民とは?

ナユタの民設立はいつ?

ナユタの民の設立は2005年11月となっています。

登記自体は2007年9月16日のようですので、ドラマ内で描写されている時期が2022年だと予測できるので、ちょうど17年前に設立されたカルト教団だと考えることができますね。

ナユタの民の会員数

ナユタの民の会員数は数百人であるとされています。

ドラマ内での設定が、カルト教団なので、それほど大きな規模の教団ではないことがうかがえます。

『教祖のムスメ』に登場する登場人物の中にもこの教団に所属している人物がいるかどうかは分かっていません。

もしかすると、登場する身近な人物の中にいる可能性は十分考えられます。

ナユタの民は現在も活動してる?解散してる?

ナユタの民は2011年10月に解散しています。

ナユタの民が現在も活動されているのかどうかは分かていないものの、信者の一部が活動をしていることも考えられますね。

今後の放送回でこのあたりが判明してくるものと思われます。

ナユタの民の設立者は誰?

ナユタの民の設立者は成宮光です。

成宮光の詳細については、今のところ詳しいことは分かっていません。

しかし、桐谷沙羅の父親が成宮光であることは第3話で判明しています。

>>Paraviで教祖のムスメを視聴する
>>Huluで教祖のムスメを視聴する

ナユタの民が起こした凶悪事件は集団毒殺?

『教祖のムスメ』ドラマ内で明らかになっているナユタの民が起こした凶悪事件に集団毒殺事件があります。

この事件は2011年8月に、信者の女性20人が集団で毒殺されたという事件です。

この事件で、教祖の成宮光が逮捕され、一審二審ともに死刑が求刑されています。

それ以上の詳細は明らかになっていませんが、毒殺された女性の中に湯田一真といちかと母親がいたのでは?ということも考えられるかもしれません。

その調査を実施してスクープ記事を書いた人物こそが「週刊新春」編集長の湯田正広である可能性もあるのでしょうか?

事件の詳細が分かっていないからこそ、今後のストーリー展開が面白くなってきそうですね。

情報が分かりましたら、こちらで詳しく追記していきたいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

教祖のムスメカルト教団ナユタの民とは?凶悪事件は集団毒殺?について取り上げていきました。 内容をまとめていきます。

  • 『教祖のムスメ』に登場するカルト教団「ナユタの民」の設立は2005年11月
  • 2011年10月に解散している!
  • 設立者は成宮光で、集団毒殺事件を起こし、死刑が求刑されている!

コメント

タイトルとURLをコピーしました