珍しい場所にある日本の神社・お寺7選!一度は行きたい絶景!

ニュース

日本には絶景ポイントがたくさんあります。

今回はその中でも、神社やお寺にスポットを当てたシリーズです。

珍しい場所に建てられた神社やお寺。

パワースポットとして有名な神社やお寺もあれば、あまり知られていない神社やお寺も存在します。

日本人ならば一度は行ってみたい珍しい場所を厳選して取り上げてみたいと思います。

絶景間違いなしのスポットも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

香川県・天空の鳥居・高屋神社

標高404mの場所に位置し、瀬戸内海が一望できる究極の絶景。

2018年には四国八十八景にも選出され、一躍有名になりました。

「天空の鳥居」とされ、見る角度によっては鳥居と海がうまく重なり合って空に浮いているような感覚にさせてくれます。

山口県・元乃隅稲成神社(もとのすみじんじゃ)

真っ赤な鳥が123基設置されていて、100m以上にわたって並ぶ景色はまさしく絶景!

神社敷地内の高さ6mの大鳥居上部に設置された賽銭箱に賽銭を投げ入れることができれば願いが叶うとされています。

現在は、参拝が制限されているようなのでご注意ください。

(出典:https://nanavi.jp/sightseeing/motonosumiinarijinja/)

東京都・八津御嶽神社(やつみたけじんじゃ)


(出典:https://jinjamegurijapan.jp/detail.php?id=3964)

山梨県に本宮を置く八津御嶽神社に分社として、大正10年に一人の神主が東京に出てきたことがはじまりだと言われています。

はじめてこの建物を見ても、「どこが神社なの?」とわけが分かりません。

実はこの神社、参拝客を待つだけでなく寄席やコンサートなども開催されているんだとか。

時代に合わせて変わってゆく神社の姿がここにあります。

東京都・北谷稲荷神社(きたやいなりじんじゃ)


 (出典: https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000190011/)

渋谷区NHK放送センター近くにあるモダンな神社です。

オフィスビルと一体になっており、現代の神社という雰囲気があります。

境内には、練兵場を設置した際に農民が建てた石碑や、宇田川の洪水後に建てられた治水記念碑が残されています。

秋田県・御座石神社(ござのいし神社)

田沢湖は日本一深い湖として知られており、その側にある御座石神社。

鳥居の近くには、1本の木から7種類の木が生えた「七色木」や、たつこが飲んで龍となった「潟頭の霊泉」、たつこが姿を映した「鏡石」などの名所があります。

茨城県・大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)

海上の岩の上に立つ鳥居がひときわ目立っています。

太平洋に昇る日の出の時間は超絶景です。初日の出のスポットとしても知られています。

長野県・車山神社

車山山頂の標高1925mにある神社。山頂だけあって360度のパノラマが楽しめます。

山頂までは登山かロープウェイで行くことができます。

まとめ

いかがでしたか?

珍しい場所に建つ神社・お寺シリーズをお送りしました。

今回紹介したものはごく一部です。

日本には絶景ポイントがたくさんあり、珍しい場所に建つ神社やお寺はまだまだ存在します。

近くのスポットにはぜひ行っておきたいですね。

ニュース
スポンサーリンク
Health & Peace

コメント

タイトルとURLをコピーしました