大岩義明の出身高校や大学などの学歴は?経歴がすごいと話題!

オリンピック・パラリンピック

大岩義明の出身高校や大学などの学歴は?経歴がすごいと話題!について画像などを交えながらわかりやすく取り上げていきたいと思います!

馬術選手で東京五輪にも出場の大岩義明選手

そんな大岩義明選手の出身高校や大学などの学歴、経歴をまとめてみました。

この記事で分かる内容は以下のようになっています。

  • 大岩義明の出身高校や大学などの学歴について
  • すごいと話題の経歴を紹介!
スポンサーリンク

大岩義明の出身高校や大学などの学歴

大岩義明の学歴について順にみていきましょう。

大岩義明の出身高校は?

大岩義明選手の出身高校は名古屋学院高校

名古屋学院高校は中高一貫校となっており、大岩義明選手は中学校から在学していました。

馬術部中高一貫で活動しており、大岩義明選手もこの環境下で馬術に取り組んできたのでしょう。

中学・高校で馬術部があるというのはかなり珍しいですよね。

母体である名古屋学院大学では馬術部が強化指定クラブとして活躍しているなど、環境が音乗っていることも理由としてあげられるのかもしれませんね。

大岩義明の出身大学は?

大岩義明選手の出身大学は明治大学

明治大学馬術部に所属し、主将をつとめるほどのリーダーシップと実力を兼ね備えていました。

明治大学馬術部は1940年に創部し、現在70年以上歴史のある部として注目されています。

整った環境で実力を磨きつつ、みっちりと馬術に向き合ってこられたんですね。

大岩義明の経歴がすごいと話題!

大岩義明選手のすごいと言われる経歴についてみていきましょう。

大岩義明選手が馬術と出会ったのは10歳のとき。

家族旅行先でポニーに乗ったことで興味を持ち、姉と妹と乗馬クラブに通いはじめました。

大学卒業まで馬術をしていましたが、大学卒業後は馬術から離れています。

会社員として働いていたものの、シドニーオリンピックで奮い立ちブランクがありながらも再び馬術に取り組み出しました。

その1年後には馬術の本場イギリスへ拠点を移し、本格的に馬術と向き合うことに。

2008年北京・2012年ロンドン・2016年リオデジャネイロの3大会に連続出場するなどの偉業を達成しています。

リオデジャネイロオリンピックでは、日本最高位である20位となり東京五輪での活躍に期待が高まっています。

大岩義明の所属先は?

大岩義明選手は現在「株式会社nittoh」に所属しています。

長野県に本社を置き、光学関連機器の開発および製造を行なっている会社です。

大岩義明選手はこの会社からのサポートを受けていることも明らかにしています。

アテネ予選で日本代表チームに入って以降、所属会社からサポートしてもらっていたので、アジア大会の金メダルオリンピック出場と、すこしずつ恩返しができるようになってきた。

と話されています。

大岩義明のこれまでの戦績は?

2016  リオデジャネイロオリンピック20位
2012   ロンドンオリンピック団体12位
2010   広州アジア大会3位
2010   ケンタッキー世界馬術選手権大会個人38 団体9位
2008  北京オリンピック 49位
2006  アーヘン世界馬術選手権大会 18位
2006  ドーハアジア大会 個人 1位 団体2位
2003   CH-AS.P-C3* Blenheim個人7位 団体3位

まとめ

大岩義明の出身高校や大学などの学歴は?経歴がすごいと話題!について取り上げていきました。

内容をまとめていきます。

  • 大岩義明の出身高校は名古屋学院高校で大学は明治大学
  • 大岩義明の経歴がすごかった

コメント

タイトルとURLをコピーしました