ホワイトデーに靴下を渡すのはタブー?どんな意味がある?

バレンタイン•ホワイトデー

ホワイトデー!!

バレンタインのお返しをする日ですね。

バレンタインで女性からもらったはいいけど、何をお返しすればいいんだろう?

このように困っている人は多いのではないでしょうか。

いろいろと考えた結果、

靴下ってどうなんだろう?
でも、靴下を渡すのってどんな意味があるんだろう?

こんな疑問もわいてきますよね。

この記事では、ホワイトデーで靴下を渡すのはどんな意味になるのか?について取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

ホワイトデーのお返し「靴下」の意味は?

お返しとして靴下をプレゼントする意味は、いくつかあります。

どのような意味付けでプレゼントするのかというのは個人の解釈にもよりますが、いくつか気をつけておきたいものも存在するので、さっそく以下で確認していきましょう。

「心を許しています」という意味?

靴下は日常生活で欠かせないものだし、たくさんあって困るものではありません。

身近なものを渡すという意味から、「あなたの生活に近い存在です」とアピールするものになります。

もう少し深い意味で考えると、心を許していますと捉えることができます。

「見下す」「踏みつける」という意味?

靴下は、足元から連想されるものであるため、「見下す」「踏みつける」といった意味を持つものになることも。

目上の人へのプレゼントにチョイスするのは、控えておいた方が良いかもしれません。

ただし、友達や彼女など近い存在の人へのプレゼントにはまったく問題はないでしょう。

相手が好む柄や長さのものを事前に調べておくことで、喜んでもらうことにつながるはずです。

「寝室をともにしましょう」という意味?

この意味は、欧米の文化からきているようです。

元々欧米では寝室以外は靴を履いて生活しています。

生活する上で、靴下を見せるのは寝室ぐらいです。

そのため、靴下をプレゼントするのは寝室をともにしたい人と捉えることができ、

寝室をともにしましょうという意味になるんだそうです。

韓国では「靴下」は福を呼ぶもの?

豆知識になりますが、韓国では、靴下は福を呼ぶめでたいものとして捉える風習があります。

あなたに福がありますようにという思いを込めてプレゼントに選ぶのも良いかもしれません。

メッセージを添えるのもよし?

このように「靴下」のプレゼントには、いくつかの意味が存在することがわかります。

相手を見て慎重に選ぶことで、喜んでもらえるはずです。

もし相手にネガティブな意味で受け取って欲しくない場合には、簡単なメッセージを添えてお返しするのも良いかもしれませんね。

あまり重たい意味にならないように配慮することも大切です。

ホワイトデーのお返し「靴下」を選ぶときの注意点!

ホワイトデーのお返しに靴下をプレゼントする際、気をつけておきたいことを挙げてみます。

ぜひ参考にしてみてください。

靴下を選ぶときのポイントは?

相手の好みを事前に調べられているのであれば、カラーや長さなどを考慮して選ぶのがおすすめです。

もし相手の好みが分からないのであれば、定番型のシンプルな靴下が無難ですね。

シンプルというと一見難しく聞こえてしまいますが、柄は比較的落ち着いていて素材や製法にこだわったものが良いでしょう。

また、季節を考えて保温性やサポート機能などを考慮して選ぶことで相手に気遣ったプレゼントになるはずです。

相場はいくら?

安いものであれば数百円〜販売されているものがあります。

ブランドになれば数千円のものまであるので、上記のポイントを踏まえて選んでみてください。

平均的な靴下の相場は1,000円〜2,000円です。

予算に合わせて無理をしない程度のプレゼントのほうが、相手に気を遣わせなくて良いですね。

まとめ

いかがでしたか?

ホワイトデーに靴下でお返しする意味について取り上げてみました。

靴下は相手を慎重に選んでプレゼントすることで、意味のある素晴らしいホワイトデーのお返しになるはずです。

相手が好みそうな柄や長さを調べてみて、良さそうなものは選択肢のひとつにしてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました