西田有志はピアノの習い事をしてた?器用でバレーが上手い理由が判明!

スポーツ

バレーボール日本代表の西田有志選手について知りたいことがたくさんある人は多いと思います。

バレーボールの技術は世界を魅了するもので、強烈なサーブとスパイクが特徴的です。

そんな西田選手は幼い頃、ピアノの習い事をしていたという情報を入手しました。

そこで今回は

西田有志はピアノの習い事をしてた?器用でバレーが上手い理由が判明!について画像を交えながら詳しく解説していきたいと思います!
この記事の内容
  • 西田有志はピアノの習い事をしてた?
  • ピアノを習っていた期間
  • ピアノの習い事がバレーに生きる理由

>>西田有志選手のサーブの速度は?すごさを解説!

スポンサーリンク

西田有志はピアノの習い事をしてた?

西田有志選手のピアノの習い事について調査した結果

習い事でピアノをやっていた!

ということが判明しました。

西田選手が使用しているマットレスのインタビューでの映像です。

バレーに生かされるという両親の提案で初めたということですね。

西田有志選手が習い事でピアノをしていたということはあまり知られていないようなので、ファンでも知って驚く人が多いんだとか。

バレーボールのためにピアノをしていたという意識が、この時からプロレベルだったんですね。

バレーボールに生かすことができそうなものは、すべて取り込むぐらいバレーボールに熱い男だということがわかります。

さすがに凄すぎます!

世界で通用するほどのバレー技術を磨いてきた理由がはっきり分かりますね。

ピアノを習っていた期間

西田有志選手が習い事でピアノをやっていたのは

小学校1年生〜小学校6年生まで

とされています。

西田選手は5歳でバレーボールをはじめたということですから、ピアノを習い出す前にはすでにバレーボールというスポーツに携わっていたので、“バレーボールにために”というのは本当なのでしょう。

6年間もピアノを習っているとかなりのレベルで弾けるのではないかと推測できます。

西田選手がピアノを弾いている姿を探してみましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

YouTubeチャンネルでも様々な企画をやっているので、もしかしたらそこで見れるひが来るかもしれませんね。

>>西田有志選手のYouTubeチャンネル

期待しましょう!

ピアノの習い事がバレーボールに生きる理由

ピアノをすることで、実際にバレーボールに生かされるのかどうかを調べてみました。

「ピアノが指を強くする」というよりも、「ピアノで様々な楽曲を弾くために、指を強くする必要がある」という認識の方が正しいことがわかりました。

ピアノで弾くが曲には、早いテンポや遅いテンポ、音域が広いものなど様々です。

そういった楽曲を弾くためには、指の強化は必要不可欠ですよね。

“バレーボールに生かされる”というより、”ピアノとバレーボールで指が強化されていく”という認識が正しいのではないでしょうか。

ただ、バレーボールにもピアノは決して無駄なことではないはずです。

こうして、指先を器用に動かしてきたからこそ、西田選手の今のプレー技術が作られているのだと思います。

まとめ

西田有志はピアノの習い事をしてた?器用でバレーが上手い理由が判明!について取り上げていきました。
  • 西田有志はピアノの習い事をしてた?
  • ピアノを習っていた期間
  • ピアノの習い事が指先を強化する
スポーツ
スポンサーリンク
Health & Peace

コメント

タイトルとURLをコピーしました